防犯

What's NEW

» 更新履歴をもっと見る

防犯グッズ

防犯グッズにも用途や使い方に応じて様々な種類がありますが、大きく分けると 「自宅または私物に対するもの」 「外出時の護身」 に大別されます。

また、期待される効果が 「抑止(または威嚇)」 なのか 「危なそうな時に第三者に知らせること(通知・警報)」 なのか、あるいは 「いざ被害に遭いそうになった時に反撃や護身をする」 ためのものなのか、によっても変わって来ます。

基本的には遭わないのが一番良いですから、

(1)基本的には抑止効果のあるものを設置または携帯する

(2)念のために通知機能や反撃に使えるものが用意する

の2段構えが殆どの場合で適切なのではないでしょうか。

そして万一、最悪被害に遭ってしまった時にも、いち早く通常の生活に戻れることが望ましいですから、できればそのための備えもしておきたいところです。

本サイトでは、この基本的な考え方を踏まえた上で、

(1)どうやって抑止するか、(2)どうやって通知・撃退するか、 の具体的な方法を出来る限りたくさん、詳しく紹介してまいります。

防犯グッズにも色々ありますが、まずは携帯が容易ですぐに身に着けられるものから始めるのがいいでしょう。具体的には防犯ブザー、カラーボールなどがあげられます。犯罪者は、自分の仕業であることが世に知られることを一番恐れますので、それを逆手に取って行くのが基本となります。

防犯で何よりも大切なのは「自分も被害にあうかもしれない」という意識と、そこから来る具体的な準備です。犯罪者の心理は常に「やりやすい相手」を求めていますから、しっかり準備していることが分かればそれだけで抑止力になるということです。

監視カメラ

自宅や設備に対する対策でもっともよく用いられているのが監視用カメラです。

監視カメラは、設置されているだけで「見られている」こと、対策に意識があることを相手に伝えることができるため抑止力としても作用します。

もちろん、万一被害に遭ってしまった場合でも証拠となる映像が記録されていれば、憎き犯人を見つける上でも心強いことは言うまでもありません。

たくさんの種類がありますが、本サイト内の情報を参考にされて、現状選びうるベストの選択をして欲しいと願っています。

特に、夜間の侵入に対する対策としては、赤外線を用いた暗いところでも撮影可能なタイプが抑止・追跡の両面から効果的です。

防犯カメラにも種類がありますが、用途は大きく分けて二つあります。一つは、「威嚇」。もう一つは、残念ながら犯罪が起きてしまった後の犯人追跡における手掛かり、です。威嚇のためだけならダミーのカメラでも十分通用しますが、手掛かりとなるとダミーというわけにはいきません。どこまで狙うかの方針を決めておくことが重要です。

夜間、暗いところでも対象を写せる赤外線機能を持った防犯カメラは、より本格的なものと言えます。基本、ダミーを複数台設置して威嚇しながら、肝心な箇所については赤外線カメラを設置して証拠どりを万全にするなどの工夫も効果的でしょう。

カメラ以外の自宅用グッズ

監視用カメラ以外にも主に抑止を狙いとしたグッズがあります。

たとえば、人が自宅や施設に近づいた時にだけ反応して周囲を明るくするセンサーライトや、人の接近を感知して何らかの装置を起動する人感センサーなどです。

人の侵入や移動を検出して明かりをつけたり、ブザーを鳴らしたりする人感センサーは、「お前の行動は把握しているぞ」という警告をするための初段の動きとして効果的です。犯罪者はともかくバレることを嫌いますので、「バレそう」と感じた対象からは本能的に遠ざかることが多いです。この習性を逆手に取りましょう。

また、窓や扉に施す対策もあり、これは主に窓や扉が他人によって開けられようとした時に警告したり、周囲に知らせたりする働きを持ちます。

また、万一侵入されてしまった時でも、貴重品は金庫の中にしまっておければ、最悪の事態は防げる可能性が高まります。

窓は防犯の重要なポイントです。二階以上に住んでいるからと油断してはいけません。梯子をかけたり樋などを伝わりながら窓に近づき、ガラス切りなどをつかってガラスの錠の辺りに穴をあけ、静かに開錠したりする者もいます。防犯フィルムや窓を狙った防犯カメラなどで、窓もしっかり監視している構えを見せ、あきらめさせることが肝心です。

ブザー(警報器)、その他のグッズ

自宅や備品に対する据え置き方の対策に対し、外出時の対策としては、携帯できる警報や護身のためのアイテムがポイントになるでしょう。

たとえば、万一暴漢に狙われた時に使う催涙スプレーや周囲に助けを求めるために使う防犯ブザーなどがこれにあたります。

逆説的な言い方ですが、これら護身・警報用品は、結局一度も使わなかった、というのがもっとも理想です。

しかしながら、使わないに越したことはありませんが、最悪の事を考えて携帯し、いざという時には確実に使えるようにしておくことが重要です。

どんなに効果的なグッズを持っていても、使えなければ意味がありませんので、確実に使えるようにしておきましょう。

そのために、購入したらすぐに取扱説明書には必ず目を通し、また時々使い方をイメージしたりして、とっさの時に体が反応でできるようにしておくことが大変重要なのではないでしょうか。

さらに自宅だけでなく、車や自転車も盗難対象になってしまう昨今では、愛車の盗難対策もぜひやっておいてほしいところです。